第4話【定番】Raspberrypi3 仮想メモリと chromiumをインストール

Raspberry Pi3 の 仮想メモリとchromiumをインストールしました。
    

■仮想メモリ化
Raspberry Pi SDカードという書込み回数の寿命のあるデバイスを使っているので
SDカード自体の長寿命化になるらしいです。

方法は /etc/fstabファイルを変更します。
$ sudo nano /etc/fstab
で編集ができます。

元のテキスト
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/mmcblk0p1 /boot vfat defaults 0 2
/dev/mmcblk0p2 / ext4 defaults,noatime 0 1
# a swapfile is not a swap partition, so no using swapon|off from here on, use dphys-swapfile swap[on|off] for that

変更後のテキスト
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/mmcblk0p1 /boot vfat defaults 0 2
/dev/sda2 / ext4 defaults,noatime 0 1
# a swapfile is not a swap partition, so no using swapon|off from here on, use dphys-swapfile swap[on|off] for that
 
■chromium
現行のラズビアン(jessy?)では、chromiumがapt-getだけでは
インストールできないようです。
実施してみましたがエラーがでました。。。

そこで下記の4行を実施します。
wget -qO - http://bintray.com/user/downloadSubjectPublicKey?username=bintray | sudo apt-key add -
echo "deb http://dl.bintray.com/kusti8/chromium-rpi jessie main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install chromium-browser rpi-youtube -y


これでGoogleクロームっぽいブラウザが使えます。

他にも何かやったかも…。

この記事へのコメント